<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
やさい

京都のポストカード展に出品していました。

野菜を描きましたよ。

 

この野菜は、知り合いのおねえさんが経営してる弁当屋さんで使ってる野菜がモデル(モチーフ?)です。

無添加で作るのが大変だそうです。

赤いオクラなんて初めて見ました。

豆です。

ポストカード展のテーマが「夏」なので豆の中に無理やり夏要素を入れましたよ。

 

うっかりもののお礼

個展終わりました。

ありがとうございました。

 

 

どうやらチラシ(はがきサイズ)を82円切手で、ほぼ全員のかたに送ってしまったようです。

もしかしたら全員。

搬出した帰りにハッと気づきました。

チラシの郵送費がいつもよりかかっている気がしていたのですが、やはり気のせいではありませんでした。

まあ切手貼り忘れとかより全然よかったです。と思うことにしました。

誰にも指摘されませんでしたが、みんなが優しいのか、切手なんてわざわざ見ないのか。

 

お店の写真をとらせてもらいました。

お世話になりました。

 

お知らせと語り

個展します。

「tetoto totototo」

12月1日〜6日

 

雑貨と喫茶とギャラリーと  ひなた

http://www.geocities.jp/hinata_tanimachi/

 

クラリネットは10代の頃に吹いてました。

描くためにとても久しぶりにクラリネットのケースをあけました。

描いたのは初めてです。

 

自分で考えたタイトルのわりにtetoto totototo が何かわかりません。

クラリネットの音って言いたいのですが、「クラリネットを壊しちゃった」の歌詞のクラリネットの音の表現が凄すぎて、安易に言いたくないのです。

以前から自分一人で感心していました。感心?尊敬までいきそう。

パッキャマラド パッキャマラド だなんて何で思いつくの。

パオパオパパパだなんて。

(これがクラリネットの音をあらわしているのかどうかははっきりとはわかりませんが。)

 

ついでに

「ドとレとミとファとソとラとシの音が出ない」の所もすごい。

狂気さえ感じる。全部やないか!ってなる。

結論を言えば「クラリネットを壊しちゃった」はすごい曲。

 

良かったら展示見に来てくださいね。

おしらせ

企画展に参加します。

こういうの、参加するの久しぶりです。

いろんな紙雑貨が集まるらしいです。

今日から始まっています。

来月に同じ場所で個展しますよ。

 

 

雑貨と喫茶とギャラリーと ひなた

http://www.geocities.jp/hinata_tanimachi/

大阪市中央区谷町6丁目6−10

 

 

 

すだちの悩み

1週間くらい前にすだちが安かったので買いました。

3つ入ってて99円でした。

すだちなんて普段買わないから相場がわからないけどお買い得って書いてたからきっと安い。

でもすだち、使わない。

さんまにかけるか、ざるうどんにかけるか、そのくらいしか思いつかない。

なので1週間で半分しか消費できませんでした。

 

それなのにすだちをもらう機会がありました。

心の中で「使ってないすだちが家にあるなあ」と思ったけれど、もらえるなら喜んでもらうよ。

家にあるすだちか5個半になりました。

普段なら冷蔵庫に確実に入っていない食材が急に豊富になりました。

早急にすだち料理を作らないといけません。

とりあえず炒め物にかけたらすっぱくなりました。

おいしくないわけではないけどすっぱい。

そんで半分も消費できない。

 

数日前にバーに行ったときに、一緒にいた人がウォッカトニックを飲んでいました。

その中に何かすだちらしき柑橘類のカットされたものが入っていました。

一口もらったらおいしかったので、あれを家で作ったらいいのでは?

絶対すだちじゃない。絶対にライムだろうな。

と思いながら作り方を調べたら、やっぱりライムでした。

すだちで代用はできないのかしら?

味の違いはそんなにない気がします。

 

「すだちとライム」よりも違いがわからないのは「すだちとかぼす」です。

同時に食べたことがないから、わからないだけなのかな。

同時に食べたら全然味が違うのかな。

でも同時に食べる機会は一生訪れない気がします。

 

 

仮説の立証

少し前にボローニャ絵本展に行きました。

毎年ほとんど行っています。

そして毎年ちょっとしたハプニングに見舞われ待ち合わせ場所に遅れます。

毎年同じ人と行っているので毎年迷惑をかけて申し訳ないです。

数年前はたしか急な腹痛が起こり、駅のトイレから出られなくなり、今年は不安になり地元の人っぽい人に道を聞いたら間違った道を教えられました。

ちゃんと道を覚えていなかった私が悪いのですが

「あれあれいつもと風景が違うぞ」とおもいながらもずんずんと進んでしまったので、自分を信じることも必要だと思いました。

 

ボローニャ絵本展は手描きの作品がずいぶんと少なくなっていて時代の移り変わりを感じました。

10年前はたしか全部手描きの絵だったと思います。

あの時の未来に来たのだな、という感じでした。当たり前なんだけれど。

 

帰りにお昼ご飯を食べに近くにあったイタリアな店に入るとピアノが置いてありました。

夜に弾くのかな。

一度、演奏を聴きながらご飯が食べられる所に行ってみたいな。

ディナーショーってやつはやはり値段が高いのかな。

ディナーショーはショーの前にディナーなのか、ディナー中にショーもやるのかどっちなのか。

ディナー中にショーなんて、ファンの人たちはディナーどころではなくなるのでは?

ショーにくぎ付けになるのでは?といった話をスパゲティを食べながらしていたら、急にウエイトレスさんがピアノを弾きだし、ウエイターのおじさんが本格的なオペラを歌いだしました。

ウエイターさんにしては貫禄がありすぎる。社長なのでは?とか思ってたら歌手だった。

ファンじゃなくてもスパゲティどころじゃなくなり、おじさんにくぎ付けになりました。

やはり、「ディナーどころではなくなる」説は正しいのだと思いました。

 

他のお客さん層はマダム率ほぼ100%だったのですが、みんなウエイターのおじさんにくぎ付けでした。

マダムはオペラファンが多いのか、一緒に歌ったり、目をつぶって聞いていたりみんな楽しそうでした。

誰も動画を撮ったりカメラを向けたりしていなかったのがとてもいいなあと思いました。

 

歌が終わったのでまたスパゲティを食べたり、紅茶を飲んだりしていたら、また歌が始まりました。

2回目もくぎ付けになりました。

 

複雑な感情

実家にいる犬のペソがどんどんヨボヨボしてきました。

この間ペソに会いに行くと靴下をはいていました。

足に力が入らなくなってきたのでフローリングがつるつるしてうまく歩けないようです。

悲しいのに靴下をはいているペソが面白くて笑ってしまいました。

足の各1本ずつにデザインの違う靴下をはかせてみたいな、と思ってしまった。

そのためには4種類の靴下を買わないといけない。無駄です。

 

悲しいのになんか笑ってしまう、という状況に覚えがあります。

おじいさんの葬式中「頭に傘をかぶった姿」を思い出した時もそんな感情でした。

だい〜ぶ前にここに書いたのですが、うちのおじいさんは雨の時に野球帽に傘を取り付けて外に行ってました。

なかなか印象が強くて、お経をあげているときに思い出してちょっと面白い気分になっちゃった。

後にも先にもお葬式で面白い気分になったのはその時だけです。

じいちゃん凄い。

 

「喜怒哀楽」がテーマの時に傘じいちゃんを描きました。

喜なのか哀なのか楽なのか。

怒ではないのは確か。

 

怒りながら哀しむこともあるし

楽しみながら喜ぶこともあるけど

哀しみながら楽しむってあんまりない。じいちゃん凄い。

 

 

 

打ち上げとからあげ

わりと近くで今年初めて開催された花火大会があり、家の台所の窓から見えました。

花火には興味があるけど、人の多い所に行きたくない気持ちが花火をみたい気持ちを大幅に上回っているので、花火大会には何年も行っていませんでした。

そんな自分には嬉しい出来事。

 

台所でから揚げをあげながら打ち上げ花火を見ていると、なんだか花火大会で屋台を出しているような気分。

それを友達にいったら「打ち上げはなびだけに、から揚げを揚げていたのね。いろいろあげるね。」みたいな事を言われましたが返事をしていません。

 

から揚げを揚げおわったので外に出てみると、同じマンションの人が何人か廊下で見ていました。

動物を飼っていいところなので、みんな犬を連れていたのが可愛かったです。

花火よりもそちらに気を取られる。

 

久しぶりに花火大会を見ましたが、思いのほか長かったです。

ちょっと飽きて風呂掃除とか始めるくらいには長かった。

「終わった終わった」ドーン!!「まだあった!」

っていうのを誇張なしで5回くらい繰り返しました。

でも、台所の窓を開けたり閉めたりしたらいいだけなので便利。

 

ガタガタのなぞ

ちょっと前に、深夜2時に家のドアがガタガタいう現象におびえていました。

3.4日続いてた。

ガタガタとなって、家の飼ってる猫がドアに向かって威嚇してました。

私は怖いので朝まで眠れず、睡眠時間が1時間になっていました。

こう、想像力が働いてしまって眠れなかった。

泥棒が鍵が空いてる部屋を探してたらどうしよう、とか。

それにしちゃガタガタし過ぎだけど。

私は「突然の死」が困るので(猫の貰い手を探せないから)突然死なないように無駄に想像してしまう癖がついてるので深夜のガタガタに必要以上におびえていました。

 

毎日ガタガタが来るので友達に泊まりに来てもらいました。

友達と「和風総本家」の豆助DVDを見て夜は更けていきました。

その日はガタガタは来ませんでした。

友達と私の推し豆助は違う、ということがわかりました。

友達は2代目豆助、私は5代目推しです。(どうでもいい情報)

せっかく泊まりに来てもらったのにガタガタが来なくて申し訳なかったです。

 

次の日は夕方にガタガタが来たよ。

夕方だからそこまで怖くなくて、ドアを細く開けたらブチ猫がいました。

ブチ猫がシャーって鳴いてた。

「一応警察に連絡しておけば?」というアドバイスを実行に移してなくて本当に良かった。

 

この間、同じマンションの人に餌もらってた。

部屋間違えてたのかな。

写真は7代目豆助です。

インコ日

インコと犬の居る喫茶店に入りました。

暑さに疲れて入ったら、偶然インコと犬の居る喫茶店だった。

看板で主張もしてなかった。

観光地にあるのにお客さんがすごく少ない。

私は嬉しいけど謎です。インコと犬が居るのに!

 

飲み物を頼んだら「インコと犬どっちがいいですか?」と聞かれました。

どっちかと写真を撮ってもらえるサービスが付いているらしい。

インコorドッグ

すごい迷う選択肢。

どっちも可愛いのでどっちでもいいのですが、犬は他のお客さんのひざに乗ってたのでインコと写真を撮ってもらいました。

てっきり1枚かと思いきやバシャバシャ撮ってくれました。

その時にたまたまカメラを持ってて本当に良かったです。

私のパカパカ電話はカメラの機能が壊れてるので。

 

インコ喫茶の前に、ノープランでたまたま観光地に行ったのでそこでもカメラが役立ちました。

一緒にいた友人もパカパカでカメラ機能は使えるけど、苦悩しながら写真撮ってた。

パカパカじゃうまく撮れないんだそうです。

 

観光地もとても興味深くて良かったんだけど、喫茶店にインコと犬が居たせいで(おかげで?)インコな一日になった。

頭の飾りをつつくインコ